SEO対策 コラム

検索エンジンとは?種類や仕組みを分かりやすく解説

search-engine
  • 検索エンジンの種類や特徴は?
  • 上位表示するにはどうすべき?

この記事では、上記のような疑問にお答えします。

基本中の基本ですが、とても重要なので目を通してみてください。

詳しくは分からなくても、おおよそのイメージがつけばOKです。

1分ほどで読み終わります。

検索エンジンについて

SEOを知るうえで検索エンジンは切っても切れない関係です。

検索エンジンとはGoogle、Yahoo、Bing、firefox、safariなどを指します。

StatCounter Global Statsによると日本国内の検索エンジンのシェア(PC)は、Googleが76%、Yahoo!が15%、Bingが8%です。

Yahoo!はGoogleの検索エンジンを使っているため、Googleが91%を占めています。

SEO対策=Googleの検索エンジン最適化を指すことが多く、基本的にはGoogleだけを意識していればOKです。

検索エンジンの仕組みは?

Googleの検索エンジンの仕組みですが、以下の3つの要素で成り立っています(専門用語が多めでスミマセン)。

  1. クローリング
  2. インデックス
  3. ランク付け

上記のように、Webサイトの順位は「クローリング」「インデックス」「ランク付け」の3つの段階を経て順位を決めています。

クローリングとは?

クローリングとは、クローラーと呼ばれるロボット(AI)がネット上にあるWebサイトの情報を集めることを指します。

クローラーに早く情報を集めてもらうためにGoogle Search Console(通称、サーチコンソール)を使います。

サーチコンソールは、Googleが提供しているウェブマスター向けのツールです。

参考:Google Search Console

インデックスとは?

クローラーがWebサイトの情報をデータベースに登録することをインデックスと言います。

インデックスされないとGoogleの検索結果にWebサイトが表示されません。

ランク付けとは?

ランク付けとは、Google検索されたキーワードの関連性が高いWebサイトはどれかをアルゴリズムで決定して順位付けすることです。

アルゴリズムはGoogleが掲げる10の事実を確認すると抽象的には把握できますが、すべてを公表しているわけではないので、神のみぞ知る状態です。

+ 10の真実(クリックして開く)

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

上記の3つの流れを経て、GoogleにおけるWebサイトの順位は決定します。

もっとも大事なのがランク付けであり、検索順位で上位を目指すのに最適化することをSEOと言います。

SEO(検索エンジン最適化)とは?

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことです。

つまり特定のWebサイトがGoogle検索において上位に表示させるための技術です。

ウィキペディアは以下のように定義しています。

検索エンジンのオーガニックな検索結果において、特定のウェブサイトが上位に表示されるよう、ウェブサイトの構成などを調整すること。また、その手法の総称。

検索エンジン最適化 – Wikipedia

アルゴリズムは一部しか公表されておらず、さらに日々変化するため、その傾向等を掴むのは一苦労です。

検索順位で上位を目指すには?

検索順位で上位を目指すには、Googleの理念に沿ったコンテンツ作りをする必要があります。

しかしGoogleのアルゴリズムがすべて公表されていないため、仮説→検証を繰り返すことで、上位表示を目指します。

このあたりの方法論は下記にまとめていますので、合わせてご覧ください。

>>初心者でも分かる!SEO対策の大枠をすべて紹介(作成中)

まとめ

以上、検索エンジンについての解説でした。

SEOと検索エンジンは切っても切れない関係なので頭の片隅に置いておいてくださいね。

-SEO対策, コラム

© 2020 株式会社LITE