>> おすすめのワードプレステーマ5選はこちら

WordPressでインストールすべきプラグインまとめ

この記事ではブログを運営していく上で必要なプラグインについて説明します。

実際に僕がインストールしているものを紹介します。

導入すべきプラグインはワードプレステーマによって異なるので、先にWordPressテーマを導入するのがおすすめです。

もし導入するWordPressテーマが決まっていない場合は、以下の記事を参考にして選びましょう。

>>おすすめワードプレステーマを厳選紹介!無料・有料の2パターンで徹底比較

もくじ

インストール必須のプラグイン

プラグインをたくさん入れると、以下のようなデメリットがあります。

  • セキュリティが下がる(プラグインの管理ができない)
  • サイトが重くなる

なので必要最低限のプラグインだけで、ブログを運営しましょう。

AddQuicktag

WordPress.org 日本語
AddQuicktag
AddQuicktagAddQuicktag は HTML エディター・ビジュアルエディターへのクイックタグの追加を容易にします。

タグうちを高速化できます。

<h3>や<ul>など、よく使うものを登録しておきましょう。

All In One SEO Pack

WordPress.org 日本語
All in One SEO
All in One SEOThe original WordPress SEO plugin. Improve your WordPress SEO rankings with our comprehensive All in One SEO plugin and toolkit.

SEO対策してくれるプラグイン。

All In One SEO Packをインストールし、少し設定をしたら内部SEO対策はOKです。

Broken Link Checker

WordPress.org 日本語
Broken Link Checker
Broken Link Checker投稿や固定ページなどすべてのコンテンツについて、SEO 改善のためにリンク切れや消えた画像をチェックします。問題のあるリンクを発見すると通知します。

リンク切れがあると、知らせしてくれます。

リンク切れを手動で確認するのは、大変なので、プラグインにやってもらいましょう。

Classic Editor

WordPress.org 日本語
Classic Editor
Classic Editor以前の「クラシック」エディターを有効化し、TinyMCE、メタボックスなどを含む旧スタイルの投稿編集画面を使えるようにします。これらを拡張するすべてのプラグインに対応...

ブログのエディタをシンプルにしてくれるプラグインです。

UpdraftPlus

WordPress.org 日本語
UpdraftPlus WordPress Backup Plugin
UpdraftPlus WordPress Backup Pluginバックアップと復元を簡単に。手動または自動予約 (Dropbox、S3、Google ドライブ、Rackspace、FTP、SFTP、メール、その他) による完全なバックアップ。

ブログのバックアップをしてくるプラグインです。

選択したファイルを、自動でバックアップしてくれます。

WP Multibyte Patch

WordPress.org 日本語
WP Multibyte PatchWordPress 日本語版パッケージのためのマルチバイト機能の拡張。

WordPressを日本語に対応させるプラグインです。

とりあえずインストールしておけばOKです。

必要に応じてインストールするプラグイン

下記は必要に応じてインストールしましょう。

Akismet Spam Protection

WordPress.org 日本語
Akismet Spam Protection (Akismet スパム保護)
Akismet Spam Protection (Akismet スパム保護)The best anti-spam protection to block spam comments and spam in a contact form. The most trusted antispam solution for WordPress and WooCommerce.

ブログのコメント欄を開放している場合は、スパム対策として、インストールしておくのがおすすめです。

プラグインでのよくある質問

お問い合わせページはどうすればいいですか

あわせて読みたい
Google フォーム - アンケートを作成、分析できる無料サービス 自分でアンケートを作成するだけでなく、他のユーザーとも同時に共同で作成できます。また、デザイン性の高いさまざまな既製テーマから選択したり、独自のテーマを作成した...

個人ブログの場合は、Google フォームでOKです。

Google XML Sitemapsはインストールしなくていいの?

WordPress.org 日本語
Google XML Sitemaps
Google XML SitemapsThis plugin will improve SEO by helping search enginess better index your site using sitemaps.

All In One SEO Packに同じ機能があるのでインストールしなくてOKです。

All In One SEO Packの設定方法は?

設定方法は以下の通りです。

All In One SEO Packの設定画面の開き方

左側に表示されている、[All In One SEO Pack]をクリックすればOK。

一般設定

一般設定

初期設定でOK。

ホームページ設定

ホームページ設定

ブログの名前とブログの説明を入力しましょう。

固定フロントページを代用は[無効]でOK。

タイトル設定

タイトル設定

初期設定でOK。

コンテンツタイプ、設定を表示

コンテンツタイプ、設定を表示

コンテンツタイプは、[投稿]と[固定ページ]にチェックを入れておきましょう。

設定を表示も同様に、[投稿]と[固定ページ]にチェックを入れます。

ウェブマスター認証

ウェブマスター認証

なにも設定しなくてOKです。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

画像のように設定しておけばOKです。

詳しい設定は、下記の記事をどうぞ。

スキーマ設定

スキーマ設定

初期設定でOKです。

Noindex設定

Noindex設定

NOINDEXをデフォルトにするの、[メディア・添付ファイル]にチェックを入れておきます。

[noindex]の設定は、画像のとおりに、チェックを入れればOK。

  • カテゴリ
  • タグ

上記のチェックをは、外しておきます。

RSSコンテンツ設定

RSSコンテンツ設定

初期設定でOKです。

高度な設定

高度な設定

初期設定でOKです。

キーワード設定

キーワード設定

初期設定でOKです。

設定を保存

設定を保存しよう

設定が終わったら、[設置を更新» ]をクリックして完了です。

キャッシュの高速化プラグインはインストールしなくていいの?

.htaccessにキャッシュ設定を追記すればOKです。

下記を.htaccessファイルの先頭に追記します。

# キャッシュを有効にする
Header set Cache-Control “max-age=2628000, public”

# キャッシュ設定
<IfModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresByType image/jpg “access 1 year”
ExpiresByType image/jpeg “access 1 year”
ExpiresByType image/gif “access 1 year”
ExpiresByType image/png “access 1 year”
ExpiresByType text/css “access 1 month”
ExpiresByType text/html “access 1 month”
ExpiresByType application/pdf “access 1 month”
ExpiresByType text/x-javascript “access 1 month”
ExpiresByType application/x-shockwave-flash “access 1 month”
ExpiresByType image/x-icon “access 1 year”
ExpiresDefault “access 1 month”
</IfModule>

# ファイル圧縮設定
<IfModule mod_deflate.c>
AddOutputFilterByType DEFLATE application/javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/vnd.ms-fontobject
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-opentype
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-otf
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-truetype
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-ttf
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE font/opentype
AddOutputFilterByType DEFLATE font/otf
AddOutputFilterByType DEFLATE font/ttf
AddOutputFilterByType DEFLATE image/svg+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE image/x-icon
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
AddOutputFilterByType DEFLATE text/javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
</IfModule>

ConoHaサーバーでの設定方法

ConoHaの管理画面にログインして.htaccessの設定画面を開きます。

1..htaccessの設定画面を開く

  • 1.サイト管理
  • 2.サイト設定
  • 3.応用設定
  • 4..htccess設定

上記の順で.htccess設定の設定を設定を開きます。

コードを追記して[保存]をクリック。

2.コードを追記して[保存]をクリック

ペンマークをクリックして、先程のコードを[.htaccess]に追記して、[保存]をクリックします。

[成功しました]と表示されれば完了です。

3.[成功しました。]と表示されれば完了

左下に「成功しました。.htaccess設定変更」と表示されれば完了です。

エックスサーバーでの設定方法

エックスサーバーの管理画面にログインしておきます。

[サーバー管理]をクリック。

エックスサーバーでの設定方法

[サーバー管理]をクリックします。

[.htaccess編集]をクリック。

2.[.htaccess編集]をクリック

上記のようなサイトにアクセスするので、[.htaccess編集]をクリックします。

ブログのURLを選択する。

.htaccessを編集したい、ブログのURL(ドメイン)を選択します。

注意書きを確認して[.htaccess]を編集

3.ブログのURLを選択する

注意書きを確認したら、[.htaccess編集]をクリックします。

キャッシュを有効にするコードを追記

5.キャッシュを有効にするコードを追記

上記画像のように、既に何か記載されている場合は、[# END WordPress]の下に、キャッシュを有効化するコードを追記します。

[確認画面へ進む]をクリック

6.[確認画面へ進む]をクリック

キャッシュを有効化するコードを追記したら、[確認画面へ進む]をクリックします。

[実行する]をクリック

7.[実行する]をクリック

.htaccessの内容を確認したら[実行する]をクリックして、変更内容を保存します。

.htaccessの編集完了

8..htaccessの編集完了

上記画像のように、「.htaccessの編集が完了しました」と表示されれば、WordPressのキャッシュを有効化できました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる